半径370mmレイアウト作成の記録(最終更新:2017.04.24)

小型蒸気機関車向けに最小半径370mmのレイアウトを作成しています。

高架橋敷設場所の地盤改良を実施しました。
重さも気になるので、幅15×10角材で補強しました。
これだけでもかなり強力な感じです。
呉のK兄のアドバイスを実現したものです。
基板の表面に何も無い段階なので、今回の様な裏返し工法が採用出来ました。
若し、先に高架橋を作成、地盤沈下によるクラック発生、対策工事となると大変な労力だったと思います。
K兄に感謝です。
明日からは道床工事開始なので、作戦立案中です。
2017.4.24
運搬+保管ラックが完成しました。
幅702、奥行996、高さ600です。
写真右側のポータブル線と比べると、雲泥の差です。
ポータブル線は最小半径250、小判型線形、完全平面。
今回のレイアウトは、最小半径370、ドッグボーン捻り型線形、立体交差ありです。
Spec的には最大限譲歩したつもりですし、基板は完全3分割、それでも巨大です。
尚、保管場所は机の下を予定しています。
保管ラックの作成を急いだのは2つの理由があります。
1)作成中も保管場所が必要。
2)ジオラマの高さ制限を設定する。
ポータブルレイアウトもジオラマの高さ制限がありました。
今回のレイアウトも当然高さ制限があります。

予定変更
このラックの上にレイアウトを敷設出来る様にします。
自宅で運転会を実施する際、レイアウトの展開場所が必要です。
外部への持ち出し時はこのラックは車の中に残置、設置台は別途準備する計画です。
2017.4.23
運搬+保管ラックを作成中です。
部屋の出入り口の幅の問題は、横に向けて運び出す事にしました。
ラックの上を運転台にする構想について、呉のK様に相談した処、下記のアドバイスを頂きました。
重さを考えると、ラックと一緒に会場に運べない。
本体だけ運ぶなら、運転時の台は別にキャンプ用の台などで作成した方が良い。
と言うことで、ラックの上を運転台にする構想は断念しました。
保管ラックのパーツを刻んだところ、意外にパーツが多い、と言うことで、重さを測定。
レイアウト本体=9.2Kg、ラック=4.8Kgでした。
レイアウト本体の内訳は、
パネル=5.6Kg
道床=1.4Kg
線路=1.6Kg
ジオラマ=0.6Kgでした。
2017.4.22
橋脚の設置方法について、呉のK様に訊ねた処、基板裏側に補強が必要との事で、図面入りで教えて頂きました。
ありがたい事です。
今日、K様から宅配便が届きました。
箱を開けてみると、中から橋梁や橋脚がドッサリ出てきました。
橋梁は車両より低い事と短いスパンは、このレイアウトに最適です。
渡りに船ならぬ、渡りに橋と言うことで、一気に進捗が上がります。
持つべきものは友人です。感謝。

と言うことで、次の懸案事項は運搬+保管用の箱の構造の解決です。
基板を3段積みで収納出来る箱を考えているのですが、拙宅の模型部屋の入り口を通過できない事が判明。
基板を収納後、箱を横にして運搬するか、箱自体も折り畳み可能にするか悩み中です。
2017.4.21
基板を作成しました。
1,890×966は想定外の大きさです。
定尺物のベニヤ板と殆ど変わらない大きさですが、巨大です。
手前の基板に仮置きの道床は、外側が半径430、内側が半径370です。
KATO社のモハ40系とかEF510が半径370を走るとの勇断は素晴らしです。
これより大きいレイアウトを要求されると、HOの普及は極めて困難でしょうね。
2017.4.20
基板の接続部分の拡大写真です。
ホゾとパッチンで固定する構造です。
ホゾは内側の補強材を延長した一本物です。
この手の角材はヒノキと杉では価格に雲泥の差があって、当然、安い杉材を利用しました。
高架部分の橋脚と橋梁の取り付け方法で悩んでいます。
運搬時に基板が撓みます。橋脚や橋梁を完全に固定してしまうと、撓みに負けて外れそうです。
ストレスを逃がす方法を考えないと・・・
2017.4.20
高架部分の橋脚を作成しました。
写真は橋脚を積み重ねた状態です。
写真左側が外側線用です。
上から4番目から7番目が同じ高さなのは駅の箇所です。
右側は内側線用です。
ユニトラックの接続箇所に対応して橋脚があります。
問題は線路道床(厚み4mmベニヤ板製)の追従性です。
旨くいかなければ切り込みを入れる、それでもダメならユニトラックに対応して道床を切断する。
2017.4.15
基板の作成を開始しました。
定尺のベニヤ板(3尺×6尺)は拙宅の車には積めないサイズなので購入時の運搬方法で苦慮していたところ、ホームセンターで幅610×1,200の小さなサイズを発見。
速攻でこれを購入しました。
枠の設計を変更、枠木を天板の外側に付ける方法に変更、この結果、当初設計サイズより3mm拡大しました。
道床部分と高架部分の足を作成。
3分割した基板の接続方法も解決して作成を開始しました。
現在悩んでいるのは高架部分をトンネルにするかオープンにするかです。
トンネルにした場合、カーブ部分の建築限界が大きく、トンネルポータルが巨大になってしまう事です。
雪崩防止柵かなにかで隠す方法があれば良いのですが。
2017.4.14
今日、六甲模型から宅配便が到着、早速仮敷設して見ました。
基板サイズ幅1,887×奥行960とは、意外に大きなものです。
基板を3等分し三段重ねにしても相当な大きさです。
この大きさでは、汽車バスで運ぶのは無理です。運搬は車に限定されます。
実は木綿崎山線(ゆうざきやません)とこのレイアウトの棲み分けで悩んでいました。
この大きさを見て、悩みは解消しました。
古典蒸気機関車専用レイアウトとの位置付けにします。
逆に言うと、拙鉄で今後作成予定の古典蒸気機関車は、このレイアウトが走れることを条件とする事としました。
写真に写っている天賞堂CタンクはR370を問題なく走行できました。
2017.4.7
線路の中央、クロス部分の長さ計算に間違いがあって、旨く設置出来ません。
仕方なく、手持ちの線路を改造、希望寸法の物を作成しました。
写真奥が長さ246mmの市販品。
手前右が長さ163mmに改造したもの。
手前左は切取りの結果不要になった部分です。
レールは端を切断、道床は三分割、中央部分を除去して接続しました。
KATOのユニトラック線路は仕様変更があって、今回改造したものは枕木が裏側から嵌め込まれている旧製品です。この手の改造には旧製品の方が適切な感じです。
2017.4.7
前提条件1.
持運び出来るレイアウトとして、木綿崎山線を作成しましたが、最小半径250mmと言うことで、蒸気機関車はBタンクしか入線できません。
前提条件2.
とある情報では、明治期の蒸気機関車のキットが発売されるとの事。
2017.4.6
要求事項
1)最小半径370mmのレイアウトを作成する。
2)33/1,000の勾配を設ける。
3)上記キットを作成する際は、このレイアウトを走れる構造にする。
構成設計
と言うことで、左記の線形を選択しました。
線路はKATOユニトラックを利用、曲線は半径370mmと430mmが発売されており、これを利用する。
33/1,000の勾配にすると、交差箇所で上下線路の高さは82mmとなる。
線路の厚みを考えると、通過可能な車両の車高は最大70mmまで。
と言うことで、非電化の建築限界とする。
と言うことで、左記図の線形を採用する。
図面右側部分は一見複線になる。
内側線と外側線の高さを違えると、外側線走行車両の車体中央部が内側線のレールに接触する可能性がある。
と言うことで、並走部分の外側線と内側線は高さを揃える。
レイアウトの基板は3等分して作成する。
3段積みのケースに入れて収納/持運びする。
線路は基板に固定セズ、会場に基板を設置後に乗せる。
左側基板部分の高架橋は鉄製馬蹄形とする。
中央基板部分の高架橋は石積みアーチ橋とする。
右側基板部分の高架土台は土盛とする。
中央基板にはプラットホームを設ける。
2017.4.6