半径370mmレイアウト作成の記録(最終更新:2017.06.18)

小型蒸気機関車向けに最小半径370mmのレイアウトを作成しています。

1)さくら幼稚園の園舎の図面をロボに入力。
2)本物(移築前)の図面と対比、修正。
3)本物通りではなく、自分流を入れる。
4)技術的に理想を実現出来ない部分を修正。
  例えば、細かすぎて実現出来ない。
それに大方2週間を費やしました。
やっとロボ図面完成と言うことで、手持ちの用紙を調べた処、在庫数不足。
と言うことで、手持ちの用紙(写真右側)を購入したホームセンターに。
??という言で、左側の物しか売っていません。
厚さは手持ちの物は0.205だったが今回の物は0.210。
それはどうでも良いが、50円高いのは納得出来ない。
疑心暗鬼で購入。
帰宅後早速ロボカット。
OH!良いではないですか。
従前の物はいわゆる横目だったのですが、今回購入したのは縦目も横目もありません。
従前の物は縦方向の細かな桟はカット中に破損する場合がありましたが、今回のものはそれがありません。
と言う事で、従前はロボで二度切りしていたものを一度切に変更、全く問題ありません。
50枚で50円高い事など、問題になりません。
2017.6.18
玄関付近と園児室南側です。
写真の一番上が内側、中=中、一番下が外側です。
腰板を本物通りの枚数にした処、板を押さえる桟が細くなりすぎてロボカット中に破損してしまいます。
と言うことで、1間(いっけん)当たりの枚数を一枚削減、押さえ桟を本物縮尺より太くして解決しました。
玄関から園長室部分の腰板は、園児室のそれより少し高くなっています。
それを強調すべく、縮尺より1o程高くしました。
2017.6.18
園児室の廊下側です。
実に凝った造りです。アーチの隅に補強材?があります。
流石に本物通りとは行かず、簡素化しました。
玄関の扉や扉の上の欄間窓?も凝った造りです。
拙鉄に取って、ロボが無ければ実現出来ない細かさです。
2017.6.18
八角園舎の部分をクラフトロボに入力しました。
現在の園舎は通常の窓がはめ殺しになっています。
”これは無いよ。”と云うことで、左右開きの窓に変更。
現在の塗装は灰色一色。これも無い。
と云うことで、柱部分は黒かブドー1号に変更します。
それと、廊下側から園舎への入口の扉(左の図面では下段左)はガラス入りに変更します。
9枚あるのは1枚予備を含んでいる為です。
追記
千曲鉄道(TMS社出版、平野氏著)書籍に、
”レイアウト作成工数の4/5=80%はストラクチャー作成に要した”
と記載されています。
拙鉄のR370レイアウトは、ストラクチャー作成前までは1か月で実現したので、5か月間で完成できる。
と云う甘い話ではなくて、平野氏でさえ4/5を費やした、と云うことで、工程管理が大甘の拙鉄では厳しい対応をしないと永久に完成しない旨自戒としています。
幼稚園を1か月、三楽会館、オルゴールの館、湊湯、通り町の酒屋を各0.5か月で作成、最後に植樹で1か月と云う線表を立てました。
2017.6.4
さくら幼稚園園舎の管理人の方は、この園舎が現役のころ、この幼稚園に通われていた人でした。
模型を作成する旨お話ししたら、管理人の人から下記の話がありました。
・現役の園舎は左右に園児室が各2室あった。
・移築する際に左右各1室が縮小され、残念だ。
・模型を作るのであれば、左右各2室の現役時代を再現して欲しい。
と云うことで、以下の案で検討。
・1/87で作成する。
・園舎の左右にあった便所に行く通路と、足洗い場に行く通路は省略する。
と云う前提条件だと、左側ユニットに設置することが出来ます。
縦方向でも横方向でも設置出来るので、取り敢えず園舎を作成、全てのストラクチャーを作成した時点で具体的な設置場所を定める事としました。
2017.5.27
作成はクラフトロボを利用します。
その前に、寸法図を作成します。
あちこちの窓の高さを調査、揃える必要がある場所を割り出します。
この時代の建物は、柱の芯間隔を基準にしていない場合があります。
窓幅を基準にして、中間に柱があればその幅分が広がる方式で図面を作成しました。
現状では園児室の園庭側出入り口に庇があります。(下記写真参照。)
移築前の図面には無いので、省略します。
現状では廊下の端に引き違いの扉があります。
図面では廊下が折れ曲がって園児室の東西にもあります。
模型では園児室の東西の廊下は省略=この場所の構造は現状通りなのですが、引き違い扉では面白くないので、廊下北側のアーチ状の幕板構造に変更します。
2017.5.27
今日はストラクチャーの下見に行って来ました。
先ずは、旧・倉敷幼稚園の園舎から。
左奥の建物は現在の倉敷市役所です。
幼稚園の正面は写真側ですが、この後ろ側に八角形の園舎があります。
模型的には八角形の園舎がメインになります。
この建物は、倉敷ではさくら幼稚園と呼ばれています。
2017.5.26
さくら幼稚園から移動中に発見。
アブトの由来は何なのでしょうね?
信越線横川のダルマ弁当が思い出されます。
2017.5.26
  倉敷美観地区の遠景です。
左奥は大原美術館です。
注目は右手前の寄棟屋根の建物です。
三楽会館で、元は郵便局だったとの事です。
2017.5.26
これはオルゴールの館です。
アイビースクエアの中にあります。
r370のストラクチャーとして、さくら幼稚園、三楽会館、このオルゴールの館を現地調査してきました。
2017.5.26