半径370mmレイアウト作成の記録(最終更新:2017.08.07)

小型蒸気機関車向けに最小半径370mmのレイアウトを作成しています。

倉敷館の中庭の写真です。
写真左側のナマコ壁の建物は加計美術館です。
問題は屋根の形態です。
倉敷館の屋根は基本的には寄棟です。
ところが、此処だけ切妻です。
雨漏り対策での改造とか、復元工事の際の手抜き改造なら寄棟にすればOKです。
しかし、加計美術館側の軒下は飾りが付いています。
表通りから見える部分は軒下飾りが付いています。
と言うことは、少なくとも屋根の加計美術館側は原型通りだと言うことになります。
しかし、切妻部分から右側の屋根裏には何の飾りもありません。これも原型通りだと思います。
どうしたものか・・・
この部分、模型は本物の現状通りで作る予定です。

この部分の1階は現在はトイレになっています。
模型は宿直室想定で作成します。

2017.8.7
屋根の悩みPart−2です。
2階軒の左部分に飾りアーチがあります。
1階の入り口とは1区画場所が違います。
2階アーチの左右の壁にはウダツ見立てのものが装着されており、後世の改造とは思えません。
1階の入り口も、外側に階段があり、その左右に石の飾りがあります。
こちらも後世の改造とは思えません。
階段は1階左奥から手前に上って、2階アーチ窓の処に到着します。
不思議な構造ですが、模型は本物の現状通りとします。

2017.8.7
三楽会館とオルゴールの館の図面を作成中です。
三楽会館はあまり改造されていません。
しかし、1階の窓と2階の窓が不整合です。
1階の壁の上に2階の窓があったりします。
と言うことで、通し柱的な考えを入れて、1階の窓と2階の窓を整合させて作る予定です。

オルゴールの館は最近の改造が入っています。
推定ですが、建築直後に戻したいと思います。

ところで、倉敷で、だんぜん有名な建物は写真右手の倉敷館でしょうね。
ストラクチャーの候補として、当初は倉敷館、岡山にある禁酒会館を含めていたのですが、収納棚の高さ制限に抵触するとの理由で外していました。
望楼部分の屋根の高さを下げることで作成したいと思います。
望楼部分の庇高を下げて他の部分と揃える、望楼屋根の勾配を50%と緩くする、尖塔部分の高さを下げるなどの変更を入れる段取りです。
2017.7.28