上田地方鉄道(HO鉄道模型) & 昭和40年代の鉄道写真

同好の方のレイアウトに、地鉄(拙鉄)の車両を乗入れさせていただいた時の記録です。

今日(2017年6月21日)、新倉敷駅西付近でカメラ散歩していたら、写真となりました。
食堂車では乗客が着座、御馳走が配られている最中の感じでした。
尚、手元の時計は18時02分でした。
スジが確認出来たので、次回は横位置で撮影出来る秘密の場所に行きます。
2017年6月21日
今日(2017年4月30日)、虹会・岡山保線区長様(ハンドルネーム)主催の運転会に参加させていただきました。
会場は極めて広く、HOとNのレイアウトが常設の恵まれた環境です。
写真の背中側にNのレイアウトがあります。
HOのレイアウトには6線のエンドレスがあって、内側2線にモジュールレイアウトが4機設置されていました。
ユニトラックの線路だけと比べると格段に素晴らしい環境です。
一番内側を走るのは拙鉄から乗入れさせていただいたアサーン34ft客車、その外側は日鉄に軸客車です。
一番内側線はr370ですが、問題なく走行できました。
2017.4.30
今日(2017年4月30日)、虹会・岡山保線区長様(ハンドルネーム)主催の運転会に参加させていただきました。
後方はモジュールレイアウト群です。
モジュールレイアウトの後方はオーナー自作のトラス橋群です。
タンク車群を見ながら、東日本大震災の際にガソリン運送で活躍した列車の話題でひとしきり盛り上がりました。
一番手前は拙鉄から乗入れの近鉄デ52+アサーン50ft6連です。
拙鉄から乗入れた列車が全てWルーフだったのは自分でも驚きでした。
2017.4.30
今日(2017年4月17日)昼過ぎ、R370レイアウトを作っている最中に電話がケタタマシク鳴ります。
虹会のT会長から、”蓮華畑でも見に行きませんか。”とのお誘い。
蓮華畑を見ていると、なにやら・・・、と言うことで、瑞風が走って来るではありませんか。
慌ててカメラを構えて撮影したのが右の写真です。
拙鉄:良い色ですね。拙鉄にも1/80の編成が欲しくなりました。
T会長:”先頭車のデッキが部分が難しい。レジンでは出来そうにない。
色は、緑に黒を加えたのでは駄目だろう。
図面は鉄道ファンかトレインに載るのではないか。
等と、結構具体的な回答。
すでにデカールをクロマヤに発注されているかも・・・。
2017.4.17
今日(2017年4月9日)、いつもの運転会のメンバーと金光駅南側の土手に集結。
目的は、金光教臨見学&撮影、模型の話、花見、野点茶会、ついでに飲み会。
ついでの飲み会の筈が、アルミ缶を半ダースも消化した強者もいたとか。
右の写真は、全員アルミ缶からカメラに持ち替え、臨戦態勢です。
詳細は皆様のホームページをご参照願います。
金光教臨も京キトの117以外は新倉敷乗り換えの岡115系だけとなり寂しいものがあります。
2017.4.9
九州方面は福山で新幹線に乗り換えでしょうか。
双頭レールで作ったプラットホーム上屋に吊るされた金光様の旗が光る金光駅下り線ホームです。
背景の桜は本物で、上記写真の反対側からの眺めです。
2017.4.9
月刊誌鉄道模型趣味(通称TMS)2017年2月号101頁に、モデルフェスティバル(下記行事)の記事が掲載されました。
2017年1月20日
2016年12月11日に、岡山虹会主催のモデルフェスティバル(鉄道模型車両の品評会)が開催されました。
拙鉄はETA177をエントリー、12作品中4位でした。
行事内容は月刊誌に投稿予定なので、省略します。
当日参加された徳島のN様が、エントリー作品とは違う車両を披露、標準軌の1/87の魅力、ヨーロッパとアメリカと日本の模型趣味の違いなど、楽しい話題で盛り上がりました。
拙鉄ETA177とTwe Shotさせていただきました。
N様の車両からは観光客の楽しそうな話し声が聞こえて来そうです。
2016年12月12日
今日は備南鉄道様主催の運転会に参加させていただきました。
今回は第13回目の運転会との事で、備南鉄道様のED13牽引の客レが待機していました。
接鉄から天賞堂製Cタンク重連が牽引する混合列車を入線させていただきました。
古典・地方鉄道をイメージしたのですが、今日のお題とはかけ離れ浮いていた様です。
2016.10.1
備南鉄道様経営の甲知鉄道を走るのは備南鉄道様の篠山鉄道レカ1+拙鉄タンク車です。
レイアウトサイズは900×600なのですが、軽便+地方鉄道の雰囲気が満ち溢れていて、すごく良い雰囲気です。
写真では判りにくいのですが電柱には裸電球の明かりが点いており、列車を待つお客様も見えます。
2016.10.1
運転会で同席のかいもん4号様が自作開発中の、室内灯、前照灯、尾灯点灯装置の実験です。
今回はVer2で、前回のVer1との違いは省エネ機能を持たせたとの説明でした。
電気アレルギーの接鉄には理解できませんでしたが、面白い機能です。
最近の運転会は研究発表会だったり、コーヒー茶会だったり、時間が足りません。
追伸
”記事に書くな”という前触れで、ゴニョゴニョと言う研究発表もありました。
2016.10.1
 2016.9.4
玉島市民交流センターで開催された運転会に参加しました。
プラレールで作ったロングレールチキを発見。
センス、工作、走りとも素晴らしい物でした。
レール運搬用の台座はパソコンで図面を引いて作成したとのことで、その組立てには中三の彼が集中しても2時間/両は掛かると言う労作です。
彼の機関車にも手が入っていて、テールランプにLEDを装着、単4乾電池2本で点灯する様に改造されていました。
また、架線集電にも挑戦中との事で、先ずはプラレールのレールの中央に第三軌条を敷設すべく、試作レールを見せてくれました。
既存の概念を打ち崩すのが模型の楽しさであり、今日は目からウロコが剥がれる思いでした。
2016.9.4
 2016.9.3
今日は備南鉄道様の運転会に参加させていただきました。
先ずはKKC(古典、軽便、地方鉄道)イメージの写真撮影から。
備南鉄道様の矢掛機関区に待機中の5500、6250を押しのけて強引に乗り込んだのは横荘鉄道のガソリンカー。後方に陣取るのは富山電鉄、谷汲電鉄などのポールカーです。
それにしても、KKCのイメージとは少し違う様な?
 
  2016.9.3の備南鉄道様の運転会で、宴たけなわの風景です。
私を含む乗り入れメンバー3名は混沌としたのが好きと言う事で、スペイン・タルゴ3が登場、走行音には痺れました。
一段落して登場したのがオーナー備南鉄道様のモハ481。
見どころはその室内灯で、前回の備南鉄道様の運転会で汽車男様から説明があった方法で実現したものだそうです。
 
  2016.8.28に、鉄道友の会四国支部主催の運転会が坂出で開催されました。
岡山始発(岡山組)の車両は外側ヤードに入線、写真の通りです。
一番奥は備南鉄道様のキハ10系、次は虹会Y氏のC11牽引客レ、その次は虹会T氏の新作8700系、次は虹会T氏の2000系、次は拙鉄D50牽引荷物、次は拙鉄プチ電車N700です。
2016.9.4
 
  2016.8.28の坂出の運転会の風景です。
内側線を走るのは主催者所有の列車です。
ヤードに待機するキハ40系、EF510牽引の客レ、中央線本線を快走するのはEF81牽引のトワイライトエクスプレスです。
2016.9.4
 
 今日(2016年7月24日)、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
室内灯が輝く駅舎が出来、観光客らしい人(人形)が佇む始発駅にリニューアルされていました。
写真は右側から汽車男様のキハ52、汽車男様のDD51+カメラカー、一番左は拙鉄のETA177です。
ETAのスケールは1/87なので、この様な角度から見ると差異が解ります。
 美男鉄道様の最大のビューポイントで記念撮影をさせていただきました。
矢掛駅から出発、エンドレスを3〜4回周回、矢掛駅に到着。
電気ショートが発したものの、脱線無しだったので、一安心でした。
拙鉄車両工場はこの3か月間は完全停止だったので、大いに英気をいただきました。
2016.7.24
倉敷市玉島市民交流センターで2016年2月7日に運転会が開催されました。
拙鉄からロンビック系、プチ電系、蒸気動車系を入線させていただきました。
江ノ電+名鉄、キハ02、タキ編成は主催者のY様の車両、C11貨物は虹会YD様の車両です。
2016.2.7
あり得ない、怪しげな編成です。
前2両は岡山虹会T氏の作品です。
3両目は拙鉄・横荘鉄道の気動車、最後尾は拙鉄・富山鉄道の電車です。
会場のNRレイアウトは超巨大で、二軸車単機では何処を走っているのか見失いそうです。4両編成でも20m車2両より短いです。
2016.1.17
岡山虹会の運転会では殆ど見かけない二軸車が集結しました。
20m級の車両の長大編成も良いのですが、この手の小さな車両も良い雰囲気です。
形態、塗装も個性的で、大変楽しい雰囲気になります。
左側3両は車幅32mm程度、右の1両は車幅24mm位です。
2016.1.17
2015.9.5に、備南鉄道様で運転会が開催されました。
今回は備南鉄道様、かいもん4号様、汽車男様、拙鉄の4社共同運行でした。
今回の乗入れは、4110牽引のアサーン34ft客車の編成です。
此のあたりは綺麗に植樹され、以前とはすっかり様変わりでした。
布原駅(?信号所)付近は登山客で混雑、リニア館か鉄博だったかと同じベクトルの熱い展示でした。
2015.7.25に、備南鉄道様で運転会が開催されました。
今回は備南鉄道様、かいもん4号様、汽車男様、拙鉄の3社共同運行でした。
備南鉄道様のレイアウトは、最近、写真の布原信号所付近が植樹され、大変きれいになっていました。
緑化の副次効果でしょうか、走行音も心地良い感じでした。
拙鉄から18900牽引の或る列車を乗入れさせていただきました。
或る列車は全車ブリルの三軸ボギーと言う事で、物凄く不安でしたが、18900の牽引力不足以外に大きなトラブルもなく、周回走行出来ました。
2015.7.25
18900牽引の或る列車と補機のD50です。
今回はかいもん4号様乗入れのキハ181系負荷走行試験がメインテーマでした。
それ以外は、鉄模社のエッチング板、モノレールのプラキット、妙なインサイドギヤ、怪しげな電車の車体、日車二軸客車のキット、フカヒレイコライザーのスケルトンモデル、観音開きトムの下開き写真、土橋鉱山のトロッコ・・・
あっと言うまの楽しい4時間でした。
2015.7.25
2015.6.21に、備南鉄道様で運転会が開催されました。
今回は、備南鉄道様、汽車男様、拙鉄の3社共同運行でした。
写真の、奥は備南鉄道様の9600、手前は拙鉄から乗り入れさせていただいた9600です。
備南鉄道様の9600は高さがスケール通りで、雰囲気がでています。
拙鉄のは1mm程腰高で、たった1mmの差ですがずいぶん雰囲気が違います。
2015.6.21
天賞堂Cタンク重連の牽引する九州鉄道の客車列車です。
重連にした目的は牽引力増強ではなく、集電不良対策だったのですが、不十分でした。
天賞堂Cタンクは集電シューがトレッド面にあたる構造のため、トレッド面=タイヤ面の汚れが集電不良に直結してしまいます。
弁慶号ではないのに、あちこちで弁慶の仁王立ちを演じてくれました。
2015.6.21
手前は備南鉄道様所属の新潟交通?のモワ202です。
次はモワ202完全スケルトン車体を搭載+ロンビックイコライザー装着台車、その次は本当のスケルトン車体+フカヒレイコライザー装着台車、最後はハ4850(3軸車)です。
ロンビックイコライザーの布教が目的でしたが、フカヒレイコライザーワクチンが感染防止免疫になるそうです。
2015.6.21
坂本鉄道の試運転会に参加させていただきました。
今までに10個近くの個人レイアウトを拝見させていただきましたが、今回の坂本鉄道も今まで拝見したものとは全く違う素晴らしいものでした。
母屋と少し離れた場所にレイアウト棟があって、8畳のレイアウトルームと、物置が付随した、実に恵まれた、羨ましい環境です。
2014.10.12
坂本鉄道の最大の特徴はリバース線です。
主な走行経路は、主駅出発-->エンドレス本線-->リバース線-->エンドレス本線-->出発駅到着です。
寝台車や食堂車のように、左右の窓が大きく異なる車両があります。
坂本鉄道に所属の車両は気動車が多く、この線形がの狙いが理解出来ます。

写真は当日の乗入れ車両です。
2014.10.12
2014年9月28日に、玉島市民交流センターで、倉敷ビオス広場で運転会を開催されている人達主催で運転会が開催されました。
N ゲージとHOゲージを運転されていました。
お言葉に甘えて、HOゲージに乗り入れ運転させていただきました。
記念撮影は、
手前から、Y氏の五能線の列車、Y氏の阪和線色115系、拙鉄のEF57 牽引オハ32W、拙鉄のEF56牽引スイテ39、Y氏のDF50牽引スハ43、拙鉄のEF53牽引レサ10000、拙鉄EF58、拙鉄EF51牽引TR71系客車、主催者Y氏のC12牽引貨物です。
2014.9.29
客車整備中の写真です。
手前からマユ33等、次はオイテ27000系、次(青色)は或る列車、次はED18牽引オテン9020、次はEF56牽引スハ32W、一番奥はED51牽引ホハ12000です。
2014.09.27
客車整備中の写真です。
手前からオハ32丸、次はEF57牽引オイテ27000系、次はED51牽引或る列車、次はオテン9020、次はスイテ39、奥はホハ12000です。
2014.09.27
2014年9月21日に、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
参加メンバーは、備南鉄道様、かいもん4号様、汽車男様、拙鉄と言う、常連?4名の運転会でした。
写真は右から拙鉄のキハ44000、拙鉄の蒸気動車、拙鉄のキニ05、備南鉄道様のキハ07です。
2014.9.21
2014年9月21日に、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
備南鉄道様のレイアウトにはピットがあって、今日初めて、この上々段の間に入らせていただきました。
写真の列車はリベンジ組です。
手前はかいもん4号様のキハ181で、前回は橋梁に接触事故発生、レイアウト側の改修工事を受けて、最乗入れとなりました。
その奥は拙鉄のキハ43000で、前回はサウンドが有効に機能しませんでした。
今回のリベンジの結果、何れもGoodで合格でした。
2014.9.21
2014年8月24日に、玉島市民交流センターで、倉敷ビオス広場で運転会を開催されている人達主催で運転会が開催されました。
お言葉に甘えて、乗り入れ運転させていただきました。
拙鉄から、近鉄デ52+ロングレールチキ、プラレールラピートタイプ、ED51を乗入れさせて戴きました。
線路が良いのでしょうか、ロンチキはノーミス(脱線無し)でした。
2014.8.28
2014年7月27日に、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
備南鉄道様、かいもん4号様、汽車男様、拙鉄の4名での運転会でした。
写真は奥から汽車男様乗り入れのDD51牽引のコンテナ列車、次はかいもん4号様乗り入れのドイツ型ディゼル特急、一番手前は拙鉄から乗入れさせていただいたED51牽引3軸貨車編成です。
2014.7.30
2014年7月27日に、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
手前は拙鉄から乗入れさせていただいたキハ43000・3両編成です。
奥はED51牽引3軸貨車8両編成です。
キハ43000にはサウンド機能を搭載しています。
サウンド機能に関して、備南鉄道様のレイアウトと、拙鉄のそれと動作がかなり違いました。
備南鉄道様の線路は基本的には非電化です。
ED51は撮影時だけパンタグラフを上昇させています。
2014.7.30
2014年6月15日に、備南鉄道様で開催された運転会に参加させていただきました。
備南鉄道様、かいもん4号様、汽車男様、拙鉄の4名での運転会でした。
写真は手前から汽車男様乗り入れのDE10牽引の貨物列車、次は拙鉄から乗入れさせていただいたラピートタイプ、次はかいもん4号様乗り入れのDE10牽引の50系客車です。
2014.6.17
備南鉄道様の終着駅(新見駅)に停車中の客レは拙鉄から乗入れさせていただいた重連Cタンク牽引の2軸客車列車です。
備南鉄道様のレイアウトは山あり谷ありトンネルあり、家並みありと言う、レイアウの見本のような美しいものでした。
特に感動したのは夜景の素晴らしさです。
信号灯まで点灯しているのは此処以外では見た事がありません。
2014.6.17
2014.3.23に、鉄道友の会中国支部模型部会(通称:九官鳥殿)主催の運転会が、呉ポートピアで開催されました。
拙鉄から自由形DL(又は4110)が牽引する明治期の貨車を乗入れさせていただきました。
写真の自由形DLは、九官鳥殿の会員の方から提供して戴いたモーターを搭載したもので、今回は公開負荷テストでもありました。
物凄いギアノイズでしたが、走行自体は問題なく、OKが戴けました。
記述:2014.4.5
2014.1.12に、鉄道友の会中国支部模型部会(通称:九官鳥殿)の新年会が、広庚機関区様宅で開催されました。
拙鉄から9600原型が牽引する九州鉄道の客車6両を乗入れさせていただきました。
2014.1.12
2013年7月14日に、九官鳥(鉄道友の会中国支部模型部会)殿が、広島歴史博物館(福山)で開催されていた運転会に参加させていただきました。
拙鉄からは、前日に完成したばかりのロングレールチキを持参、ヒヤヒヤ物でしたが、旨く走ってくれました。
別に、ED18牽引の3軸貨車を持参、走行させていただきました。
2013.7.22
2013年5月19日に、徳島模型鉄道様が、アスタムランド徳島で開催されていた鉄道模型運転会に参加させていただきました。
何度か訪問させていただきましたが、ここのレイアウトの素晴らしい出来栄えには感心させられます。
拙鉄からの乗入れは、近鉄デ52+3軸貨車編成、ED18+オテン9020・7両編成です。
2013.7.22
2012年4月22日に開催された”我が愛しの鉄道模型”様の運転会に、”かいもん4号”様と参加させていただきました。
”我が愛しの鉄道模型”様のレイアウトは、個人で所有しているレイアウトとしては極めて大規模で、大ヤード、橋梁を挟んだ大S字カーブ、大ラウンドハウスと、素晴らしいものばかりでした。
オーナー様からは”未だ作成中”との話がありましたが、大部分の線路敷設は完了しており、十分堪能させていただくことができました。
カントのついた大S字カーブをくねりながら走る長大編成は本当に感動しました。
2012年4月22日
2012年4月22日に、”我が愛しの鉄道模型”様の運転会に参加させていただきました。
拙鉄からはC53の牽引する或る列車、蒸気動車+ハ4850、EF57の牽引するマユ33を入線させていただきました。
2012年4月22日
2012年3月3日に、広島市内の、模型鉄道・五日市運転所で、新線・五吉線の開通式が開催されました。
開通式にお伺いさせていただき、拙鉄からED11が牽引する混合列車を乗入れしました。
五吉線は長大列車も走行可能な複線をメインに、多くのヤードを持つ、極めて羨ましいものです。
開通式と言う事で多くの鉄道から乗入れがあり、UPのビッグボーイまで入線していたのは驚きでした。
2012年3月6日
2010年10月17日(日)に、玉野市電祭りが開催されました。
鉄道友の会・東中国支部・模型部会(虹会)はHOゲージの鉄道模型運転で参加。
今年は宇野線開通100周年と云う事で、宇野線になじみのある車両を走らせました。
拙鉄からは準急・鷲羽(TOMIXプラ・6両)と、雑型客車の牽引機(KATOプラ、右写真中央)が参加しました。
記:2010年10月17日
2010.9.4(土)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。

前回は2年前に参加させていただいています。(この頁の下方に記載)
今回は岡山虹会のY氏と御一緒させていただきました。
瀬戸大橋の通行料が1,000円と云う事で、今回は早島IC、瀬戸大橋、坂出経由、2時間程で鳴門ICに到着。
徳島気動車区の転車台を見学して、10時過ぎには運転会の会場に到着、その時点ですでに線路敷設は完了しており、早速運転をさせていただくことができました。
2010.9.25記
2010.9.4(土)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。

拙鉄から、天賞堂のCタンク重連が牽引するカメラカー(後述)、5500(珊瑚)重連が牽引する山陽鉄道の客車(珊瑚)、ED12(むさしの)が牽引する日本鉄道の客車(珊瑚)、EF56(天プラ)が牽引するWルーフ3軸台車(珊瑚)を入線させていただきました。
写真一番手前のEF65が牽引する20系、写真4番目のC57が牽引する客車列車は岡山虹会から参加されたY氏の車両です。
今回はカメラカーとしてソニーハンディカムHDR CX170搭載車を持参。
ハンディカムは幅50mm、高さ56mmと言う事で、完全に車両限界をオーバー。
跨線橋は間一髪でクリアしたものの山のポータルに接触することが判明。
山全体の緊急嵩上げ工事(注)がなされ、通過可能となりました。
2010.9.25記

(注)アブシンベル宮殿を移設したのと同様の工法による。
2010.9.4(土)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。

運転会の会場が徳島と云うこともあって、四国色の車両が多く入線していました。
写真で見ても解るように、気動車は色が華やかです。

ところで、先述のカメラカーの写真を見ると、線路が極めて正確に敷設されている状態が確認できます。
徳島模型鉄道様の線路の良さを再確認させていただきました。
2010.9.25記
2008.6.15(日)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。
運転会の会場は、16.5mmゲージ、巨大な複々線のエンドレスを基本に、駅部分の内外に大規模なヤードを敷設した線形のレイアウトです。
巨大な規模と、すべてのカーブにカントが付けられ、長大編成の走行は特に印象的でした。
このレイアウトは、ユニットで構成された組立式で、ユニット間のレールにジョイナーは無く、給電は手作りのコンセントによるもので、レイアウトの設置時間は僅か一時間程度とのことでした。
このレイアウトは収納や運搬もたいへんよく考慮されていて、定尺サイズの箱に棚段の形状に収納し、簡易に運搬もできるとのことでした。
2008.6.18記
2008.6.15(日)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。
会場には老若男女があふれ、盛況そのものでした。写真の背中側にも多くの参加者がいらっしゃいました。
家族での参加と想像される方も多く、子どもさんが運転される姿も見られました。
運転されていた車両は四国地方に関係の深いものが多く、四国色のDCやDLが見られました。
2008.6.18記
2008.6.15(日)に、「徳島模型鉄道の会」様の運転会に参加させていただきました。
地鉄は「岡山虹会」のメンバーとして参加させていただきました。
一番手前のマリンライナーの編成は、「二本告友鉄道」様が乗入れられたものです。
アイデアと技術が凝縮された車両で、地鉄は翌日出勤時に岡山駅で本物を再確認した次第です。
写真説明に戻りますが、手前から2番目のDF50+オハ31+ナハ22000の編成が地鉄から乗入れさせていただいたものです。
ナハ22000は、アンダートラスが台車と干渉して電気ショートする可能性があって不安でしたが、無事に走行することができました。
2008.6.18記
2008.5.11に、「岡山虹会」の定例会に参加させていただきました。
「岡山虹会」は「おかやま にじかい」と読み、岡山に本拠地を置く会で、「鉄道模型趣味を通じて会員相互の親睦を深めるとともに、鉄道模型制作技術の向上や、線路上を快適に運転が楽しめる技術を身につけることを目的とする」そうです。
定例会の会場には常設の超ビッグなレイアウトがあります。ゲージは16.5mmです。このレイアウトの本線には25パーミルから30パーミル(推定)の勾配があります。
地鉄からキハ43000系3連を乗入れさせていただいたのですが、パワートラック1台だけだったため、残念ながらこの峠を越えることができませんでした。
2008.6.8記
2008.6.8に、「岡山虹会」(おかやま にじかい)の定例会に参加させていただきました。
地鉄から敗者復活戦のキハ43000を乗入れさせていただきました。今回はかろうじて峠越えをクリアできました。
前回は中間車両にパワートラック1台だったのですが、今回はパワートラック2台にしました。
MPギヤの利用も検討したのですが、中間車両は台車間が短く、MPギヤのジョイントが入りません。また、先端車両はダイガストのエンジンが装備されており、これを避けてプロペラシャフトを装着する改造も不可能に近いものがあります。と言う事で、結局一番安直なパワートラック1台増設を採用しました。
2008.6.8
2008.6.8に、HO模型鉄道の「二本告友鉄道」様の模型鉄道に乗入れ運転させていただきました。
「岡山虹会」の定例会でお誘いを受けて、虹会の二次会でお邪魔させていただきました。
「二本告友鉄道」のオーナー様から、レイアウトや車両の整備方法の話しを聞かせていただきました。
地鉄の車両には軸鳴が多く、特に車軸への油種選択は早速対応しなければと考えています。
「二本告友鉄道」様の大部分の車両は自作されています。
その車両選択のバリエーションの豊かさと共に、技術的な追求にも感動しました。
自作キハ81のボンネット部分の作成時の苦労話を聞かせていただきました。また、自作DD54の遊動車輪の構造にも素晴らしいアイデアが込められていたのは驚きでした。
2008.6.8