9600型 9600号機

サンゴ9600原型バラキットを組み立てたものです。
テンダーの幅はスケールに忠実なのにボイラー側はオーバースケールと言う事で、
ランボードとキャブは幅を32mmに縮小しました。
幅縮小で、キャブの妻板は外側を切ると窓位置が不自然になるので中央をカット、繋ぎ合わせました。
合併テコは長さが合わず、大方2mm近く切り詰めました。
モーターの前方部が火室より前に出っ張るため、ボイラーの煙管部の下に不自然な覆い板を付けています。
懸吊装置はキット通り、4点支持イコライザー、絶縁側動輪に集電シューを付けています。
カプラーは前後ともKDにしました。
モーターは、100円の缶モーターに交換しました。