HOゲージ鉄道模型

拙鉄で運転会を開催した時の記録です。

今日(2018年06月03日)、
拙鉄で第60回運転会を開催しました。
乗り入れていただいたのは何時ものメンバー(かいもん4号様、備南鉄道様、汽車男様)です。
先ずはR370線と言うことで、
備南鉄道様から230型牽引の貨物列車。
後に4030への罐替えがありました。
2018.6.3
R370線のストラクチャーは大正〜昭和初期の設定と云うことで、
かいもん4号様から名鉄510系・3連の乗り入れをいただきました。
実に良い雰囲気です。
手前のオルゴールの館、三楽会館、倉敷館とベストマッチです。
2018.6.3
次は鉄道線です。
今日は6月3日と言うことで、当地は梅雨入り前なのですが、屋根裏部屋の鉄道線は32度C。
コリャァ熱射病になる・・・、と言うことで、
アクエリアス、ガリガリ君、チョコバーを補給したが戦闘意欲は上がらず。
と言うことで、戦勝報告記録を残して撤収。時は17時00分でした。
手前は汽車男様から乗り入れて頂いたED75+スハ43系客レ。
次はかいもん4号様に乗り入れていただいた小田急。
次は備南鉄道様に乗り入れていただいた9450だったか牽引のWルーフ優等列車、
末席は拙鉄(TOMIX)のモハ481です。
2018.6.3
運転会の開催を控えて事前準備をしました。
今回は下記2ハードルをクリアする必要があります。
 1.鉄道線での運転会は7ヶ月ぶり。
 2.運転会の予定日の前2日間に岡山虹会(小生所属の鉄道模型の会)が水島あい愛サロンで運転会を開催、勤労奉仕で拘束される。
と言うことで今日は、運転会の前準備と、水島あい愛サロンの展示品の確認をしました。
鉄道線の準備
 先ずは手作業でレール磨き。
 今回は落とし物(前回運転会時の車両からの脱落部品)は発見されませんでした。
 ポイントマシーンの動作確認と言うことで、ヤード#2ポイントマシーが死んでいます。
 それ以外は、快適ではないが一応動作しました。
 電柱の街灯が1本不点灯。電柱毎交換しました。
 走行試験車は毎度の江ノ電。
 上り列車線には前回運転会以来DF50+ロングレールチキが放置(待機)していたのでこれを走行。
 ロンチキの走行音は運転会気分に浸れました。
木綿崎山線の準備
 と言うより、水臨のピーポー列車の再現が目的です。
2018年05月30日
接鉄で第59回運転会を開催しました。
今回は岡山保線区長様(ハンドル名)、かいもん4号様、備南鉄道様、汽車男様、拙鉄の5名で実施しました。
今回は拙鉄・木綿崎山線(ゆうざきやません)の改良工事が完了したことの乗り入れ運転会でした。
レイアウトを屋外に設置、乾電池パワーパックが大活躍でした。
開通式の後は焼き肉パーティで盛り上がりました。
運転開始は11時、運転終了は17時と言うことで、大いに盛り上がりました。
参加していただいた皆様に感謝申し上げます。
2018.4.28
木綿崎山線改良工事完了を受けて、
備南鉄道様からツボミBタンク+真鍮製ト+ワフ編成を乗り入れていただきました。
Wガードレールの効果は抜群です。
最初からこうすれば良かった・・・、と悩む所です。
2018.4.28
かいもん4号様から乗り入れて頂いた南部縦貫鉄道のキハ10重連です。
レイアウトはHOゲージ=1:87で作成しているのですが、何故かこの車両がピッタリします。
本物を見た人からは色が違うとの指摘がありましたが、模型的にはGoodです。
かいもん4号様からは名鉄510×3連も乗り入れて頂きました。
2018.4.28
2017年12月10日に、拙鉄所属の岡山虹会主催でモデルフェスティバルが開催された。
拙鉄は木綿崎山線を出展、全12作品中4位だった。
その際、徳島のN様から写真の列車の乗り入れを戴いた。
乗り入れていただいた列車はヨーロッパのビール列車のHO(1/87)で、拙鉄が出展した横荘の電車(1/80)と比べると、一回り小さいもので、このレイアウトにピッタリの雰囲気でした。
2017.12.12
近日開催予定の運転会の前準備として、木綿崎山線と回る線の走行テストを実施しました。
木綿崎山線は持ち運び時用のビニールカバーが劣化、下部に亀裂が入っていますが、気にしないことにしました。
その他は問題ありませんでした。
パワーパック用のエネループ電池に充電しました。
回る線は架線集電モードで走らせて見ました。
架線の一部に引っ掛かりがあって、改良しました。
何周か走らせている内に、レイアウトの回転機能、車両、架線などがなじみ、良い感じになりました。
尚、レイアウト作成直後にはあった大きな木は車両を載せるときに面倒と言う事で、撤去しました。
2017.12.05
2017年11月05日に、第58回運転会を開催しました。
今回は汽車をつくる様、かいもん4号様、備南鉄道様に乗り入れていただきました。
写真は鉄道線で撮影したもので、手前から、備南鉄道様のアリイプラ車体利用自作481系、その奥は汽車をつくる様の5900蒸気機関車、次はかいもん4号様のEF58牽引(運転会回数と同じ58だ!)急行かいもん4号機関車+12両編成、末席は拙鉄DF50牽引ロングレールチキ12両編成です。
2017.11.05
汽車をつくる様製作の5900です。
珊瑚のキットを利用されながらも、腰高の問題点などをキッチリ修正されている素晴らしい作品です。
実に安定した走行で、しかも牽引力も充分でした。
2017.11.05
汽車を作る様に乗り入れていただいた機関車です。
手前から淡路鉄道1号機、日車20トンCタンク、ピッツバーグCタンク、リバロッジのCタンクです。
どれもR370線を快走しました。
淡路鉄道1号機は極めて遅い速度でも走り、感動しました。
2017.11.05
汽車を作る様製作の日車20トンCタンクが快走する所です。
このレイアウトは33/1,000の勾配があって、登り坂ではウントコショ、ドッコイショと走ります。しかし、下り坂になるとシャシャー、コトコトリン・・・トントン、と下って来ます。
この様な小さなレイアウトの楽しみは走行音だと実感させて頂きました。
2017.11.05
かいもん4号様作成のキハ55系をR370線に乗り入れて頂きました。
動力車(左側空冷車)は直線では順調に走るものの、カーブでは動力装置からコスレ音が発生。
単機でも厳しい状況ですが、トレーラー(右側非冷房車)を繋いでも走ったのは驚異的でした。
約38年前に作成された車両との事ですが、車体などにアバレが見えないのは驚異でした。
2017.11.05