HOゲージ鉄道模型

拙鉄で運転会を開催した時の記録です。

2017年12月10日に、拙鉄所属の岡山虹会主催でモデルフェスティバルが開催された。
拙鉄は木綿崎山線を出展、全12作品中4位だった。
その際、徳島のN様から写真の列車の乗り入れを戴いた。
乗り入れていただいた列車はヨーロッパのビール列車のHO(1/87)で、拙鉄が出展した横荘の電車(1/80)と比べると、一回り小さいもので、このレイアウトにピッタリの雰囲気でした。
2017.12.12
近日開催予定の運転会の前準備として、木綿崎山線と回る線の走行テストを実施しました。
木綿崎山線は持ち運び時用のビニールカバーが劣化、下部に亀裂が入っていますが、気にしないことにしました。
その他は問題ありませんでした。
パワーパック用のエネループ電池に充電しました。
回る線は架線集電モードで走らせて見ました。
架線の一部に引っ掛かりがあって、改良しました。
何周か走らせている内に、レイアウトの回転機能、車両、架線などがなじみ、良い感じになりました。
尚、レイアウト作成直後にはあった大きな木は車両を載せるときに面倒と言う事で、撤去しました。
2017.12.05
2017年11月05日に、第58回運転会を開催しました。
今回は汽車をつくる様、かいもん4号様、備南鉄道様に乗り入れていただきました。
写真は鉄道線で撮影したもので、手前から、備南鉄道様のアリイプラ車体利用自作481系、その奥は汽車をつくる様の5900蒸気機関車、次はかいもん4号様のEF58牽引(運転会回数と同じ58だ!)急行かいもん4号機関車+12両編成、末席は拙鉄DF50牽引ロングレールチキ12両編成です。
2017.11.05
汽車をつくる様製作の5900です。
珊瑚のキットを利用されながらも、腰高の問題点などをキッチリ修正されている素晴らしい作品です。
実に安定した走行で、しかも牽引力も充分でした。
2017.11.05
汽車を作る様に乗り入れていただいた機関車です。
手前から淡路鉄道1号機、日車20トンCタンク、ピッツバーグCタンク、リバロッジのCタンクです。
どれもR370線を快走しました。
淡路鉄道1号機は極めて遅い速度でも走り、感動しました。
2017.11.05
汽車を作る様製作の日車20トンCタンクが快走する所です。
このレイアウトは33/1,000の勾配があって、登り坂ではウントコショ、ドッコイショと走ります。しかし、下り坂になるとシャシャー、コトコトリン・・・トントン、と下って来ます。
この様な小さなレイアウトの楽しみは走行音だと実感させて頂きました。
2017.11.05
かいもん4号様作成のキハ55系をR370線に乗り入れて頂きました。
動力車(左側空冷車)は直線では順調に走るものの、カーブでは動力装置からコスレ音が発生。
単機でも厳しい状況ですが、トレーラー(右側非冷房車)を繋いでも走ったのは驚異的でした。
約38年前に作成された車両との事ですが、車体などにアバレが見えないのは驚異でした。
2017.11.05