”近況報告”

災害対策を実施しました。

今日(2017年3月11日)で、東日本大震災から6年経過しました。

私が就職したのは岡山の会社ですが、就職した年(1973年10月)から7年間は川崎市中原区の事業所に出向。
当時の川崎は、川崎直下型地震という群発地震の最中。
赴任した初日の夜に震度4か5の地震に見舞われます。
と言うことで、地震対策にはシビヤな小生です。
今日は東日本大震災から6年目と言うことで、テレビやラジオでは種々の報道がされています。
”テレビを見るだけ/聞くだけ”では意味がないと言うことで、具体的な対策実施。
1)パソコン系。
 ID/パスワード一覧を作成、印刷。最終的には紙メディアですね。
 ユーザーデータを外部ドライブ(RAID−0)にバックアップ。
 1階にPC、と言うことで、外部ドライブは2階に保存。
 一応、津波想定の対策です。
2)モバイルバッテリー。
 i−Phone用の外部バッテリーはあるが、長時間停電対策がありません。
 パワーパック用のEneloop×12本は、強力な外部バッテリーではないか?
 と言うことで、以下の作戦。
 第一案:単三Eneloop×6本を使うモバイルバッテリーを購入する。
 第二案:ポータブルパワーパックからUSBに5V出力する。
3)災害時持ち出し品の見直し。
 両親用に使い捨てパンツを追加。
 オクスリ手帳のメンテナンス。
4)災害対応ラジオの日常利用。
 昨日までは非常持ち出し袋に入れ、時々点検していました。
 日常的に使う、が」原則・・・
 と言うことで、外部スピーカーを接続。日常利用する事にしました。
 娘が使っていたコンポのスピーカーを外部スピーカーとして利用。

2016年の活動報告。

模型:
 三軸台車の走行改良として、簡易イコラーザー化しました。
 ドイツ国鉄バッテリーカーETA177を自作しました。
 日本車両の標準二軸客車を5両作成しました。
 転落事故で被災したD50を復旧しました。
 ポータブルレイアウトは2016年4月に工事中断したままです。
写真
 銀塩写真の内、鉄道に関係するものを電子化しました。
 デジタル写真も含めて、撮影内容で分類、検索できるようにしました。
ホームページ
 Nifty社の都合でサイトを変更しました。
 ホームページを再構築しました。
2017年1月1日

2017年の予定。

車両:
 18900原型。
  鉄道模型社製のエッチングキットを組立て。
  使える部品は可能な限り使って短工期を図る。
 8850原型。
  珊瑚バラキットを利用。
 山陽客車用、ブースター客車の作成。
  三軸台車の動力化が最大の懸案です。
レイアウト:
 ポータブルレイアウトの作成。
  持ち運び可能な電源を作成する。
2017年1月1日

定点観測。

定点観測として正月に地域の写真を撮影しています。
撮影地点として、新倉敷駅の新幹線ホームを利用しています。
上下線プラットホームの両端から撮影、400mのホーム2往復は結構な運動になります。
偶然山陽本線の下り電車が来たので、パノラマモードで追いかけ撮りしてみました。

実車は115系4両編成なのですが、写真では10両編成位に見えます。
模型撮影でも使える技法かもしれません。
2017年1月2日追記。

井笠鉄道廃線跡探訪。

今日(2017年1月2日)は、井笠鉄道の廃線跡を探訪しました。
先ずは笠岡駅西側の跨線橋からの撮影です。

有名撮影地ですが、道路の左右に金網が設置されています。
と言う事で、万歳の態勢で撮影しました。

鬮場(くじば)を過ぎてまもなく、写真の給水タンクを発見。
井笠と関係あるのか否か判定できませんでしたが、
支え柱は線路を2本抱き合わせにしたもので、
井笠の施設の可能性は大です。
2017年1月2日追記。

一人運転会を実施しました。


ポータブル線の車両を並べて一人運転会を開催しました。
天賞堂のCタンクはポータブル線は走れないので、走れる機関車はカツミ自由形DL(一番奥)だけ。
客車も日車標準形と雄別炭鉱では偏りがありすぎます。
先日見に行った多度津工場保存車か法勝寺の客車位が欲しいです。
2017年01月06日 追記


再興101回院展を見学して。

岡山では毎年正月明けに(秋の)院展が開催されます。
同人の小野田尚之氏の作品は例年岡山近辺の鉄道がテーマで、楽しみにしています。
今回は”雪の朝”というテーマで、岡山気動車区を題材にした作品を出展されています。
昨日(2017年1月8日)に、虹会の総会に参加した後、院展を見に行きました。
小生が展示会場に着いた時、作品説明が開催されており、予期しない幸運に恵まれました。
”雪の朝”の解説について、写真の様に本物を忠実にトレースしたのではなく、
本物にはあっても絵として不要なものは削除するなどした結果を表現している。”旨の説明でした。
と言う事で、小生が撮影した本物写真の中から、”雪の朝”に近いものを探してみました。

比較して見ると、イメージは残しながらも、本物とは違います。
入場料900円でこれだけの感銘をいただけた事に感謝です。
作成中のポータブル線に反映させていただきます。